教育と仕事の創造によって地域経済のチカラに|株式会社ミンナノチカラ

【営業時間】9:00~17:00
【定休日】土日祝

\ お気軽にお電話ください /

0242-85-6274

メニュー

株式会社ミンナノチカラ

教育と仕事の創造によって地域経済のチカラに|株式会社ミンナノチカラ

HOME
TOPページ ミンナノチカラについて
選ばれる理由 採択事例
お客様の声 採択の流れ
会社概要 お知らせ
お問い合わせ プライバシーポリシー
サイトマップ

お客様の声CUSTOMER VOICE

小島工業様

我々中小企業ってみんな仕事持ってるからね。 補助金申請の作業はすごく大変。めんどくさいじゃん。

小島工業株式会社 様

投資するお金が無くて新しい機械が買えず新開発ができない。
でも新しい分野に行かないとマズイなって。

原料が上がったら価格の競争になって「新しい機械が買えない、新開発が出来ない、そこに投資するお金がない」ってだんだん自分で自分の首絞めちゃう。でも、大堀君が言ってたように、新しい分野に行かないとマズイなって。だから「思い切って新しい工場建てるので、ちょっとなんか助けてくれ」って言って補助金やってもらって。成功率が高いんだ彼は。

自分や息子で補助金申請をした経験もあるんだよ。
仕事が終わってからの作業はすごく大変。めんどくさいじゃん。

大堀君に頼むまでは自分や息子で補助金申請書類を書いた経験もあるんだよ。ものづくり補助金が通った時はうちの息子が一人でやったんだ。でも、自分の仕事が終わってからものづくり補助金申請をやって、毎日22時に帰って。また次の日も、朝早くからお客さんが来て・・・「大変だ大変だって」言ってて。めんどくさいじゃん。

我々中小企業ってみんな仕事持ってるからね。
その中でやんなきゃなんないでしょ。文章書くのって大変だよ。

文章書くの我々下手じゃない?めんどくさいんだよ。仕事中はいろんなお客さん来たりするしさ。家帰ったら風呂入って一杯やりたいし。疲れがとれなくなっちまう、年だから。いないとだめだな、ああいう大堀君みたいな人間が。大手じゃないんだから。我々中小企業ってみんな仕事持ってるからね、その中でやんなきゃなんないでしょ。文章書くのって大変だよ。

「補助金のエキスパートがいますから」って紹介してもらって。
他からも「手伝ってもらった」とか成功率の話とか聞いてたから。

工場を建てる時に司法書士に「補助金のエキスパートがいますから、使いませんか?」って紹介してもらって。最初は津波補助金だったんだけど、津波補助金の場合は5人雇わないとならないらしく。うちの場合はせいぜい3人どまり。「3人でふくしま産業立地補助金が該当になります。」「じゃあ大堀君作ってくんないか?」ってそっからスタート。紹介される前は、助成金の申請の人って他に知らなかったからね。もともと、他から「大堀さんに手伝ってもらいました」っていう声とか、成功率の話とか聞いてたから。

どういう形にすれば今後よりよい工場の運営ができるかを話し合える。
色んな意見出してくれるから助かってる。

ふくしま産業立地補助金で8000万円ちょいの3分の1で、補助額は2400万円ぐらい。最初は「津波補助金でやった方がいいんじゃないですか?」って大堀君が言ったけど縛りが5人の雇用だから、5人はちょっといらねぇなって。そういう縛りがあるからやっぱり面倒くさいよね。金は入ってくるけど。会社としては、間違いなく3分の1が入ってくるとなればこっちもいろいろ考えながら「じゃあ大堀君もう少しいろんな考えねぇか」とかそういった話し合いができる。大堀君はどういう形にすれば今後よりよい工場の運営ができるとか、固定資産税の面はこうとかそういった色んな意見出してくれるから助かってる。

彼の場合は機転が利くから1から10まで説明する必要がないから楽。
大堀君に頼んどけば大丈夫だろうって、仕事を任せれば絶対やる男。

彼の場合は機転がパパっときくから助かってる。1から10まで説明する必要がないから楽だな。申請を代行して県の方とコンタクトとって「こういう資料が欲しい」って言ってきてそれを渡して。全部不備なくそつなくやってくれる。申請が終わったあとも1年に1回検査があるからね。「3人いますか?減ってませんか?今日なにしましたか?」とか。税理士と3人でしゃべることも普通にある。手っ取り早いじゃない?大堀君の考えと俺の考えと、ちょっと俺の理解が浅かった場合もあるし。どういう形にすればいいのかすり合わせて税理士がなるほどって言って帰った。俺が間違ってたら、「社長言ったでしょ?!」って必ず言うから。(笑)あとは、仕事を任せれば絶対やる男だな。大堀君に頼んどけば大丈夫だろうって。補助金が通るか通んねぇかってそういう社長が多いけども、この男に任せて大丈夫なのかなっていうタイプではないわな。大堀君の前では言えないけどさ(笑)

物事をストレートに言うから余分なことを言いすぎる面がある(笑)。
「うるせーな」って言う人もいるじゃん。

よくも悪くも余分なことを言いすぎる面があるな(笑)「そこまで考えてくれるんだ」ってお客さんもいるし「うるせーな」って言う人もいるじゃん。あの性格だから。はっきり物事をストレートに言う方だから。なんだろうね・・・もう少し落ち着いてしゃべったらいいかなと。人に好かれる話し方。頭の機転の良さを最大限に相手に伝える、最大限に相手に気に入られるような。今の大堀君のしゃべり方だと「俺は知ってんだぞ」って自分頭いいみたいなそういう感覚のしゃべり方に聞こえるんだなたぶん、俺がそうだから。能ある鷹は爪を隠すじゃないけど、やっぱり商売成立するのに、大堀君のしゃべり方は絶対一歩引いた状況じゃないと。結果的にお客さんはなにを要望してるかっていうと、補助金通ること。そういう一歩引いた形で補助金取ったら大堀君ありがとうな!!ってなるんじゃない。目で訴えてくんだよ「社長!!」って全身で。それ以上突っ込まれたら、うっせーなって思うじゃん。自分でブレーキをかけながらしゃべると一回り大きくなるんじゃないかって。年寄りのあれだ。そういう風に感じた。今のままでいいって本人が言えばそこまでだな。自分が変えていくって考えがあれば全然違う。

「大堀君に言えばぜってぇ間違いねぇから」って言いたくなる。
「彼にやってもらったら全部助かりましたよ」って。

「大堀君に言えばぜってぇ間違いねぇから」って言いたくなる。俺も「お前んとこ自分の会社でやったの?」って聞かれる度に「いや、大堀君てのがいて彼にやってもらったら全部助かりましたよ」って言ってみたら、それが一番だよ。アピールするのにさ。お客さんが大堀君のこと口々に。「ただあいつうっせぇよな」って(笑)なんぼ世の中にコロナウイルスが来たって米中の貿易戦争が来たって、伸びる会社がいるわけだ。「こういう出会いはいいぞ、大堀君ちょっと行ってみたらどうだ」ってそういう風なアドバイスは彼にはしようかなって思ってんだ。色々うちのせがれもうちの補助金やってもらったからな。そこが世の中の常であって、お客さんからあっち行ってみな、こっち行ってみなって助けてもらったのがあるし、それが一番伸びる要素だよね。

CONTACT

ミンナノチカラに

お気軽に
お問い合わせください

▲ ボタンクリックで自動で電話がかけられます

このページのトップへ戻る